寝違えは枕の高さで予防できる 首を痛めないベストな位置とは どこなのか!?

寝違えを起こす要因はいくつかございますが、枕の高さもその一つであると考える事ができます。

そこで本記事では寝違えを予防できる枕の高さについて解説させて頂きます。

頻繁に寝違えを繰り返してしまうという方々には是非とも一読して頂き、参考にして貰えたらと思います。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

寝違えを予防する枕の高さは どこがベストなのか!?

寝違えの予防に限らずですが、枕の高さは基本的に高いと良くありません

それは首に対して無理な負担をかけてしまうからであります。

人によっては枕は高い方が寝れると感じる場合もありますが、それは高い枕に慣れているというだけであって、首に負担をかけてしまっている事には変わりありません。

ですので少し下を向くように顎と胸が近づいてしまうような枕の高さは、寝違えを予防するという意味でも控えて下さい。

枕の理想的な高さを見つけるのは至難の業!?

また快眠を得れる枕の高さは本当に個々で異なるもので、タオル1枚の高さでも全く違ってくると考えられています

そういった意味でもベストな高さを探し当てるというのは難しかったりもするのですが、先程も申し上げましたように高過ぎるという位置だけは避けて頂きたい次第です。

スポンサードリンク

初めは枕が低くなると違和感があり寝にくく思われるかも知れませんが、首への負担は間違いなく減っているはずですし、高さの変わった枕も必ずや慣れているものであります。

是非とも参考にしてみて下さい。

枕の高さだけでなく うつ伏せ寝も寝違えの原因になる!?

少し余談になりますが、枕の高さ以外にもうつ伏せの体勢で寝てしまうのは首に良くなく、寝違えを引き起こす要因の一つとされています。

これに関しても枕の高さ同様に一種の癖ですから、意識して頂ければ必ずや直るものであります。

症状の程度に違いはあれど頻繁に寝違えを繰り返すというのであれば、寝方を含めた枕の高さに是非とも注意をしてみて下さい。

寝違えと枕の高さについて解説させて頂きました本記事は以上となりますが、お読みになられた方の参考になれば幸いです。

またお手数でなければ下記どちらかのブログランキングをクリックして貰えると嬉しい限りですので、是非ともご協力宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

スポンサードリンク

関連記事と広告

コメントを残す

CAPTCHA