尻餅で痛みが続くのは尾骨が骨折しているから?お尻の痛みを軽減させたり治す方法にはどんなものがあるの!?

尻餅にてお尻または尾骨の痛みが続く場合、どうしても骨折しているのではないか…という疑問がつきまとってきます。

加えてお尻や尾骨の痛みはどのようにすれば軽減したり治ったりするのかも知っておきたいと思います。

そこで本記事では尻餅などによって続くお尻や尾骨の痛みについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

尻餅で痛みが治らないなら尾骨が骨折している可能性は高い!?

尻餅による尾骨の痛みがなかなか治らずに続くという場合、骨折しているという可能性は大いに考えられる事でございます。

正確な判断には整形外科を始めとした病院でのレントゲン撮影による診断が必要となりますが、勢い良く尻餅をついてしまったのであればやはり比較的折れやすいとされている尾骨は、程度の違いがあれ骨折している可能性は高いと考えられるのです。

ただ尾骨骨折は相当までに酷い折れ方をしていなければ、保存療法にて痛みが引いていくのを待つという方法を取るのがほとんどであります。

整骨院などの施術所を受診して頂ければ電気治療や超音波治療などといった方法にて何かしらのアプローチを施す事はできるものの、直接的に痛みを治すというのは難しいと考えるのが妥当です。

ですので極端な言い方ですが、尻餅によって尾骨の痛みが続いていたとしても、気長に痛みが引いていくのを待ちましょうという事になってしまうのであります。

スポンサードリンク

長く続くお尻や尾骨の痛みを軽減させる対処方法とは!?

ただ痛みが引くのを待ちましょう…と言われても出来る限り痛みは感じないようにしたいものであります。

尻餅による尾骨の痛みは主に椅子などに座っている際に感じるものと推測できます。

対処方法としてはホントありきたりな方法になってしまうのですが、如何にしても尾骨にかかる負担を減らせるか…という事になってきますので、結局のところクッションなどを使用して負担を軽減させる他ならないのですね。

加えて長時間に渡って座る事が想定されるのであれば、定期的に立ち上がったりするのも一つの方法であります。

コレといった対処方法を提案できないのは申し訳ない次第でございますが、尻餅による尾骨の痛みに悩まれているようであれば、上記のような方法を試して頂けたらと思います。

治らない尾骨やお尻の痛みは上手に付き合うという意識が大事!?

ちなみに例え尾骨が骨折していなくてもお尻の痛みが非常に長引くという場合が決して少なくありません。

これに関しては残念ながら確実に痛みを消失させる方法はないというのが実際のところだったりします。

治療を施す事で痛みが軽減していく事は当然あるものの、長らく尾骨の痛みと付き合っている方は少なからずいらっしゃるというのが現状です。

幸いにも…と言いますか、どうにもならないような激痛ではなく症状的には軽微な痛みであったり違和感的なものだったりする事が多いので、大事には至っていない次第だったりします。

結局は上記のような対処方法にて痛みや違和感と上手に付き合いながら治るのを待つというスタンスになりますので、そのような意識を持って頂けたらと思います。

スポンサードリンク

関連記事と広告

2 Responses to “尻餅で痛みが続くのは尾骨が骨折しているから?お尻の痛みを軽減させたり治す方法にはどんなものがあるの!?”

  1. 勉強になる内容ありがとうございます!尾骨骨折の可能性を疑うと患者さんへの対応もしやすくなりますね。
    また記事拝見させていただきます!

    • 松本ユウキ様
      コメントありがとうございます。
      本ブログの記事が少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
      ブログの更新が滞っている中で恐縮なのですが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

CAPTCHA