整骨院の治療費でも医療費控除として申請できないものがある?整体院やカイロプラクティック院との違いとは!?

確定申告の時期が近づく頃に患者様から質問される内容で多いものが、「整骨院での治療費は医療費控除に使えますか?」という質問です。

本記事では、この整骨院での治療費と医療費控除の疑問について詳しく解説して参りますので、是非とも参考にして頂けたらと思います。

スポンサードリンク

整骨院で支払った治療費は医療費控除として確定申告で申請できるけど…

基本的に整骨院で支払った治療費は医療費控除として使用する事が可能です。

ただ絶対にというわけではありませんので、この曖昧な部分について解説して参ります。

まず医療費控除は治療に対して支払った料金でないと使用する事が出来ません。

整骨院では大きく健康保険が適用される保険内診療と自費診療に分けられます。

健康保険が適用されるのは捻挫や打撲などといった怪我に対してのみで、これらは当然ながら治療と言える内容のものですから、整骨院で受けた保険内診療に対する窓口負担は無条件で医療費控除の対象と言えるわけなのです。

スポンサードリンク

対して自費診療ですが、これは治療目的が様々でございます。

ぎっくり腰やO脚を治す目的での骨盤矯正といった自費診療は治療と判断できますが、肩こりや腰痛を楽にするといったマッサージなどは治療とは判断されず医療費控除の対象にはなりません。

ですので自費診療で支払った治療費に関しては、何を目的にした施術なのかを理解した上で医療費控除として申請して頂ければと思います。

整体院やカイロプラクティック院の治療費は医療費控除として申請できない!?

また同様の疑問点として整体院やカイロプラクティック院での治療費は医療費控除として申請できるのか否か…という質問もございます。

医療費控除として申請できるのは国家資格を有する者が施術した治療に限ります。

絶対とは言い切れませんが整体院やカイロプラクティック院という看板で営業している店舗の施術者は国家資格を有していないと考えられます。

国家資格を有しているのであれば整骨院または接骨院や鍼灸院といった名称を使用するからですね。

ですので基本的に整体院やカイロプラクティック院での治療費は医療費控除として申請できないと考えるのが妥当だと思われます。

確定申告にて医療費控除を申請される場合には参考にして頂けたら幸いです。

スポンサードリンク

本記事の内容に関連している記事

コメントを残す