ぎっくり腰になったら どうすればいい?痛みを素早く治す為に自分自身で出来る効果的な対処方法とは!?

1度くらいは経験されている方が多いと思われるぎっくり腰ですが、対処方法に関しては意外に知らないと言いますか、どうしたら良いのかと迷われる事が少なくないと思います。

そこで本記事では、ぎっくり腰になってしまった際に自分自身で取り組める効果のある対処方法について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

ぎっくり腰になったら痛みを治す為に素早いアイシングで炎症の除去を!!

激痛を伴うぎっくり腰に襲われた場合、まずは素早いアイシングにて痛みを感じている患部を冷やしてやって下さい

最もアイシングの効果が高いのは、やはりでしょうか…

ビニール袋などに氷を詰めて患部を冷やします。

あまりに冷た過ぎて冷やしていられないという場合はタオルを挟んでも良いですし、氷ではなく保冷剤を使用してのアイシングに切り替えましょう。

またアイシングの時間に関しては、この位で良いというのはなく、冷やしている事が辛くなければ痛みが落ち着くまで冷やしておくべきです。

結局のところ、ぎっくり腰とは関節または筋肉の炎症によって起こっている症状ですから、患部には熱が伴っているはずであり、その熱を除去してあげる事で炎症が消失し痛みが軽減するのであります。

ですので、ぎっくり腰に襲われてしまったら可能な限り素早くアイシングを施してやって下さい。

このアイシングを施すまでの時間が短ければ短いだけ改善は早いですし、逆に時間を空けてしまえば治りが遅くなってしまうのです。

ぎっくり腰になってしまったら どんな体勢で安静に過ごすのが良いのか!?

そしてもう一つ、ぎっくり腰になった場合にアイシングと同時にしておきたい事は安静です。

勿論、目的は炎症を鎮める為であります。

スポンサードリンク

痛みが強い為に基本的には動き回れないと思いますが、楽に感じるからと椅子やソファに座って安静にする方がいらっしゃいます。

本サイトではこの座った体勢での安静はお勧めしておりません

それは上半身の体重が炎症を起こしているであろう関節または筋肉に対して負担を与える事になる恐れが強いからです。

ですので出来る限り腰に負担をかけない寝るという体勢で安静にしておいて欲しいと思います。

加えて仰向けやうつ伏せではなく、楽に感じる横向きの姿勢になり少し身体を丸めたような体勢が良いです。

足の間にクッションなどを挟むと、より楽に感じるという方もいらっしゃいます。

とにかくぎっくり腰になってしまった場合の安静は、椅子やソファに座るのではなく横向きになって寝るという対処方法をとって頂けたらと思います。

アイシングや安静にしても ぎっくり腰の痛みが治らない場合はどうすれば良い!?

以上がぎっくり腰になってしまった際に自分自身で取り組める効果的な対処方法となります。

素早い適切なアイシングに加え安静に過ごす事で炎症は確実に消失されていくはずですから、同時にぎっくり腰によって発生した痛みも軽減されていくはずです。

しかし状態が物凄く酷いという場合には、アイシングと安静だけだと思うように痛みが軽減していかない事も考えられます。

そういった場合は然るべき治療が必要になってきますので、的確な処置を施してくれる医療機関への受診を検討してみて下さい。

時間の経過と共に治るだろうという安易な考えは、状態を悪化させ治りにくい長引く腰痛へと移行させてしまいます。

とにかく放置するという事だけは絶対に避けて欲しい次第です。

ぎっくり腰を患ってしまった際における間違えない正しい病院選びについては下記の記事で解説しておりますので合わせて参考にして頂けたらと思います。

参照記事:ぎっくり腰になったら病院は何科を受診すれば良いのか?痛みを素早く治す為の間違えない正しい選択とは!?⇒

スポンサードリンク

コメントを残す