腰・骨盤

逆子による帝王切開は骨盤の歪みと関係があるのか!?ないのか!?

2016/12/26

017

今回は私の経験を元にしまして、
骨盤の歪みと逆子による帝王切開の関係性についてお話させて頂きます。

お読み頂く方の参考になれば幸いでございます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

増える帝王切開…原因はやはり現在社会に潜んでいる!?

ここ数年帝王切開による出産件数の増加が、
厚生労働省による統計で確認されています。

主な原因は以下のような事柄です。

・高齢初産の増加
・不妊治療などによる多胎妊娠の増加
・医療技術の進歩による出産リスクの低下

また帝王切開に関する診療報酬保険点数の増加も伴い、
医療機関側からも帝王切開を無理に避ける理由がないと言われています。
(要は病院に対する報酬が以前よりも良いということです)

ただいくらリスクが軽減されたからといって、
帝王切開は母体に多大な負担を与えてしまいますので、
トータル的に考えるとやはり普通分娩が望ましいと言えます。

帝王切開の要因である逆子は骨盤の歪みと密接な関係性がある!?

逆子も帝王切開での出産になる一つの要素です。
この逆子ですが私は骨盤の歪みが大きく関係していると考えています。

その根拠は…
逆子が原因の帝王切開でお子様を出産されたという方は必ず骨盤が歪んでいたからです。
(この骨盤の歪みはレントゲン写真を元に判断した正確な結果です)

決して多いとは言えない人数であることに加え、
出産から数年経過している場合もございますが、
これだけ骨盤の歪みのある方が逆子による帝王切開を経験されているとなると、
どうしても関係しているとしか考えられない訳です。

反対に骨盤の歪みがない方の中で、
逆子による帝王切開だったという方には、
今のところ出会っていません。

スポンサードリンク

これも私が逆子による帝王切開と骨盤の歪みが、
関係していると確信している要因の一つになっています。

妊娠中は当然だけど妊婦になる前の健康状態にも意識を注ぐ!!

018

骨盤矯正を筆頭に妊婦さんへの治療は制限がかかります。

お母様とお腹の中にいる赤ちゃんに対する影響を考慮すると、
リスクを冒すことができないのでどうしてもそうなってしまいます。

ですのでやはり逆子を防ぐにはいかに、
妊娠前に健康な身体でいるかが大事になってきます。

ちなみに私の妻は出産前というより結婚前、
そのまた昔の知り合いお付き合いが始まった頃に、
レントゲン写真を元に骨格の状態を確認したところ見事なまでにボロボロでした。

これだけ歪んだ状態を見せられて無視する訳にもいかず(笑)、
時間(期間)をかけて確実に彼女の歪んだ骨盤を治していきました。

その結果、2人の子供はどちらも逆子にはならず普通分娩で出産。
余談ですが分娩室に入ってから1人目は約5時間、
2人目の時は約2時間と言う超スピード出産でした。

もし治療前の歪んだ骨盤の状態だったら逆子で帝王切開になっていたのかな…
どうなっていたのか少しばかり知りたかったな…
と治療家として良からぬ事を考えたりした事は内緒です(笑)

十月十日の妊婦としての期間は心身ともに健康でいることが何よりの理想です。
その為にも妊娠前の健康状態は意識しておきたいものですね。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-