腰・骨盤

足を組むという癖は既に身体の異常を知らせてくれているサイン!?

2016/12/26

010

足を組むと腰痛の原因になります…
足を組んでいると骨盤が歪みます…

よく目や耳にするフレーズであり、
そうだよな…と何となくイメージしやすいものだと思います。

確かに間違ってはいないのですが、
足を組むという事には腰痛や骨盤が歪む原因となる前に、
実はもっと大事な事があるのです。

足を組むということに関しまして、
是非とも知っておいて頂きたい情報をお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

足を組むと腰痛や骨盤が歪む原因になるというのは時代遅れ!?

ご自身で足を組むと自覚されている方は、
座っている時に無意識に足を組んでいると思われます。

これはもう一種のってやつですね。
ではどうして足を組んで座ることが癖になってしまったのか!?

足を組んで座ることが楽…だからですよね?
そうなんです、足を組んで座っているのが楽なのです。

しかし足を組んで座っているという姿勢は、
絶対に身体の重心がどちらかに傾いていますよね!?

足を組んで座ることが癖になっている方は、
その身体の重心が傾いている姿勢が楽と感じているのです。

ここで考えてみて下さい。
身体の重心が傾いて座っている姿勢が楽!?

これはこれから骨盤が歪む恐れや、
腰痛の原因になってしまうという事ではなく、
既に骨盤が歪んでいて腰痛の原因が潜んでいるということなのです。

骨盤が歪んでいるが為に真っ直ぐ座っている姿勢は、
どちらかに傾いているという風に身体が認識し、
そのアンバランスさを補正しようと足を組んでバランスを取るわけです。

ですので無意識の中で足を組むという癖のある方は、
どちら側に足を組むのか決まっているはずです。

足を組むと骨盤が歪んだり腰痛の原因になるから止めましょうなどと、
呑気なことを言っている場合ではないということなのですね。

足を組む癖を無理やり直すのは身体に悪影響を及ぼす!?

足を組む癖のある人は既に骨盤が歪んでいたり、
腰痛の原因が潜んでいるというご説明をさせて頂きました。

ここで少し矛盾が生じているようなお話になるのですが、
私はこの足を組む癖のある方に対して、
「絶対に足を組まないで下さい」というお話はしません

当然ですが止めれるのであれば止めた方が良いです。
ただ癖って簡単には治らないですよね!?

スポンサードリンク

それも骨盤が歪んでいることが原因となっていて、
身体に無理な負担をなくそうという働きから、
無意識のうちに足を組んでいるのですから、
その身体の反応に無理やり逆らう必要はないのです。

足を組めないことによって座り心地が悪く感じたりして、
変にストレスを溜め込んでしまったりする方が、
現段階においてはよっぽど身体に対しては悪影響です。

またおかしな話になるのですが、
骨盤が歪んでいる方にとっては、
足を組んでいる姿勢はいわばノーマルです。

足を組まない姿勢が逆にイレギュラーとなり、
それを歪んだ状態と認識して違和感を抱くのです。

繰り返しになりますが足を組む癖を無理なく直せるなら直した方が良いです。
しかしストレスを溜め込みながら我慢を重ね足を組む癖を直すくらいでしたら、
慌てたりすることなく確実に骨盤の歪みを治す方が賢明です。

骨盤の歪みが改善されれば足を組む姿勢が楽という身体の認識がなくなり、
おのずと足を組まなくても座っていられるようになります。

それに骨盤の歪みは1回や2回の治療で簡単に治るものではないので、
どちらにせよ時間(期間)がかかるものなのです。
少しばかり長い目でみて骨盤の歪みを治すというゴールに確実に向かっていきましょう。

011

骨盤の歪みを簡単に判断する奴は信用ならん!!

骨盤の歪みは外見から確認した判断基準だけでは、
絶対に正確な状態というのは把握できません。

・右足が短いですねぇ~
・左側の筋肉が張っていますねぇ~

だから何?っていう話です(笑)

・右足が短いから右側に歪んでいる…
・左側の筋肉が張っているから左側に捻じれている…

このような判断は非常に浅はかで安易な見解です。

特に女性に関しては男性と違い骨盤で守られている、
子宮や卵巣といった大切な臓器がありますので、
間違った治療は身体に悪影響を及ぼします。

レントゲン写真を筆頭に骨盤がどのように歪んでいるのかを正確に判断し、
その判断材料を元に的確な治療をして下さる先生方に治療をお願いすることが、
健康な身体を手に入れる唯一の方法と言えるでしょう。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-