薄毛・抜け毛

毛根や毛穴に悪影響を及ぼす刺激とは!?帽子と薄毛は関係あるのか!?

154

薄毛や抜け毛についてのホンモノの情報。
第3回目は身体の内側から起こる問題でありながら、
外的な要因も大きいストレスに関して説明させて頂きました。

女性が薄毛や抜け毛に悩むのは現在社会という時代背景に左右されている!?

第4回目となる今回は…
薄毛や抜け毛を引き起こす原因となる、
外的要因について解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

毛根へ悪影響を及ぼす様々な刺激…日常生活に潜む原因とは!?

薄毛や抜け毛の原因となる外的な要因は、
大きな枠組みで考えて一言で申し上げますと…

毛根への刺激

となります。

髪の毛を生成している毛根が何かしらの原因によって、
活動低下に陥り正常な毛髪生成ができなくなるのですね。

この毛根へ悪影響な刺激を与えるものとして代表的なのが…

・環境
・帽子
・ヘアスタイリング剤
・ドライヤー

日常生活においては上記のようなものになります。

155

毛根や毛穴の汚れを引き起こす環境汚染とヘアスタイリング剤!!

毛根へ悪影響を及ぼす刺激で一つ目となるのは汚れですね。

毛穴に汚れが溜まったままの状態でいると、
毛根の活動機能が低下し毛髪生成に悪影響を及ぼします。

この毛穴へ汚れを溜める原因となるものが、
環境やヘアスタイリング剤となってくるわけです。

車の排気ガスや紫外線をはじめとするPM2.5などの環境汚染は、
毛穴へ汚れを溜め込む原因となります。

158

またヘアスタイルを整える為に使用するワックスやジェルなども、
当然ながら毛穴に対して良いものとは言えません。

お仕事中やお出かけの際だけなら気にする必要はないものの、
スタイリング剤をつけたまま寝てしまうなどといった、
長時間の使用は毛穴及び毛根へ悪影響を与えてしまいます。

髪の毛を生成する毛根の活動を活発に維持しておく為には、
毛穴に汚れを溜め込んでおかないことが重要になってくるのですね。

帽子のかぶり方は注意が必要!?熱による毛根へのダメージとは!?

毛根への刺激で悪影響となる二つ目のものはです。

スポンサードリンク

熱さは汚れの場合と同様に毛根の活動低下を招くと同時に、
毛根へ血液を送っている毛細血管にも悪影響を与えます。

この熱を発生させてしまうものが日頃使っているドライヤーや、
ファッションアイテムである帽子となってくるのですね。

まずドライヤーは入浴後に髪の毛を乾かすものとして必須アイテムです。
ですが必要以上の熱刺激は毛根へ大きなダメージを与えてしまいます

当然ながら毛穴も乾かす必要はありますが、
メインはやはり濡れた髪の毛を乾かすことですので、
至近距離でドライヤーを使用するのは絶対にやめておきましょう

159

時間がかかるというデメリットは出てきますが、
髪の毛が短い短髪の方でしたら冷風で乾かすのも一つの手段ですね。

とにかくドライヤーによる過度な熱刺激は厳禁でございます。

続いて帽子ですが…
これもヘアスタイリング剤と同様に長時間の使用は控えたいところです。

密室となった帽子の中は湿度と共にどんどんと温度が上昇していきます
長時間もの間そんな状態では毛根が呼吸困難に陥ってしまいます。

やはり帽子をかぶっているのは長時間でないのが理想ですね。

長時間に及ぶ場合は風通しの良いメッシュ製の帽子などにして、
毛根や毛穴にかかる負担を最小限にとどめておくのが良い方法です。

157

また頭頂部にばかり意識が向いてしまうのですが、
帽子をかぶる場合は側面にも気を配る必要があります。

締め付けの強い帽子は毛根を押し潰してしまうので、
耳の上や後頭部の毛根に悪影響となってしまいます。

オシャレのアイテムとして使用したい帽子ですが、
薄毛や抜け毛が気になるという方にとっては、
使い方を注意しながらかぶって頂きたいと思います。

以上が薄毛や抜け毛の原因となる外的な要因でございました。

次回は外的な要因により汚れてしまった毛根及び毛穴を洗う、
シャンプーに関しての解説をさせて頂きます。

お楽しみにして頂ければ幸いです。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-薄毛・抜け毛
-, , , ,