ぎっくり腰が良くならないと困っている時に知りたい情報!原因や痛みの治し方についての解説!!

すんなりと治ってくれれば良いのですが、なかなかそうはいかない事が多いように感じるぎっくり腰。

本記事では、ぎっくり腰がなかなか良くならないで困っているという方が、知りたいであろう情報について解説させて頂いております。

お役に立つ内容だと思いますので、是非とも一読して頂けたら幸いです。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

ぎっくり腰の痛みが良くならない原因は筋肉の拘縮によるもの!?

ぎっくり腰の痛みがなかなか良くならない…これは筋肉の拘縮が原因であると考えてもらってよいと思います。

ぎっくり腰とは関節または筋肉の炎症によって起こるものですが、炎症を放置しておいたり炎症に対するアプローチが適切でなかったりすると、炎症は時間の経過と共に少しずつ消失していくものの、筋肉の拘縮を残す事になってしまうのです。

結局のところ、ぎっくり腰がなかなか治らないというのは、筋肉が拘縮状態にある為であり、良くならないと困っているという状況は、痛みが発生してから数日が経過していると考えられます。

ですので炎症による痛みではなく、その炎症を除去しなかったが故に残ってしまった、筋肉の拘縮が原因であるという推測になるのですね。

ちなみに炎症とは基本72時間(3日)以内に消失するとされていますので、一つの基準として目安にして頂けたらと思います。

良くならないぎっくり腰の治し方に効果のある治療方法とは!?

良くならないぎっくり腰の痛みの原因と考えられる筋肉の拘縮…程度の軽いものでしたら、ストレッチや簡単な運動にて筋肉を刺激してあげれば少なからず改善すると思われますが、炎症の後遺症的な形で発生した拘縮に関しては、やはり然るべき治療が必要になってくると考えられます。

そんな筋肉の拘縮を改善させる治療…様々な方法がございますが、効果的とされるものの一つが電気治療や超音波治療といった物理的療法です。

スポンサードリンク

身体の状態を的確に見極め、物理療法を施せば、限りなく筋肉の拘縮は改善すると考えられます。

筋肉の拘縮を改善させる治療方法は他にもございますが、安全性という視点からも本サイトでは物理的アプローチをお勧め致します。

良くならないぎっくり腰に効く物理治療は何科の病院で受ける!?

そんな物理的療法ですが、主に整形外科や整骨院(接骨院)といった医療機関にて治療を受ける事ができます。

各店舗で導入している治療機器に違いはあると思いますが、物理的アプローチを施せる機器を導入していない整形外科や整骨院(接骨院)は皆無に等しいはずです。

しかし現在は数多くの整形外科や整骨院(接骨院)がございますので、残念ながら治療技術に差が生じている傾向にあります。

ですので上記のような医療機関を受診される際には、身近な方の紹介やクチコミといった情報を参考に選択されるのがお勧めです。

自宅や職場が近いからというような理由だけで、受診するのは控えて頂けたらと思います。

ぎっくり腰が良くならない場合の対処方法 後書き

ぎっくり腰が良くならない場合の対処方法について解説させて頂きました本記事は以上となります。

こちらの記事内容がお読みになられた方の参考になれば幸いでございます。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

*