腰痛なのに動くと楽なのは何が原因と考えられるのか?腰の痛みを治す為に するべき事とは!?

腰痛…痛みの感じ方は人それぞれですが、状態の一つとして「動くと楽」というのがございます。

今回の本記事では、この「動くと楽になる腰痛」について解説させて頂きます。

同症状で困っている方にとっては、参考になる情報だと思いますので、是非とも一読して頂けたら幸いです。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

動く方が楽な腰痛の原因は筋肉の拘縮によるものだった!?

腰痛とは主に関節または筋肉の炎症か、筋肉の拘縮によって起こるものでございます。

そして原因が炎症による腰痛ですと、動く事によって痛みを強く感じるものです。

足首の捻挫が分かりやすい例でしょうか…

以上のような事から動く方が楽に感じる腰痛とは、筋肉の拘縮が原因となっている可能性が非常に高いのですね。

固く凝り固まった拘縮状態だからこそ、筋肉を動かし活動させる事で血流の変化などが起こり、楽に感じるという事なのでございます。

ただし拘縮状態も相当酷い状態になってしまうと、動かす事で痛みを感じる傾向にありますので、状態としては炎症は起きていない比較的単純な拘縮状態だと考えるのが妥当でしょうか…

いずれにせよ動く方が楽という状態では、炎症が起きているとは考えにくいですから、筋肉の拘縮によるものだと判断してもらって問題ないと思います。

動いている方が楽な腰痛の治し方で効果的なのは物理的療法!?

上記のような理由から動く方が楽な腰痛は、拘縮しているであろう筋肉の状態を改善してあげれば治るという結果に繋がるはずなのでございます。

そんな筋肉の拘縮を改善させる方法ですが、拘縮具合が僅かなものでしたら、自分自身で取り組めるストレッチといった簡単な運動で良いと思うのですが、やはり痛みという症状を出している状態なわけですから、然るべき治療が必要になってくると考えられます。

そして筋肉の拘縮を改善させる効果的な治療方法の一つが、電気治療や超音波治療といった物理的療法ですね。

スポンサードリンク

腰部あるいは臀部といった筋肉が拘縮している箇所に的確な物理的アプローチを施せば、おおよそ状態は改善すると共に症状は軽減するはずです。

筋肉の拘縮を改善させる治療方法は他にもあると思いますが、効果を筆頭にした様々な観点から考えても、やはり物理的療法がベストであると思います。

動いてる方が楽な腰の痛み 治療を受けるなら整形外科か接骨院!?

そんな筋肉の拘縮を改善させる物理的療法ですが、整形外科または整骨院(接骨院)にて治療を受ける事が出来ます。

導入している治療機器に違いはあるでしょうが、物理的アプローチが施せる機器を導入していない整形外科および整骨院(接骨院)は、皆無に近いはずです。

ただ現在は整形外科や整骨院(接骨院)といった医療機関や施術所が数多く存在している為に、残念ながら治療技術に差が生じている傾向にございます。

ですので受診される医療機関選びには、身近な方の紹介や口コミといった実際の声を参考にしてもらうのが、理想的な方法であると言えます。

自宅や職場から近いので…というような理由だけを優先して選択するのは、出来る限り控えて欲しいと思いますので、医療機関選びの際には是非とも紹介や口コミを取り入れて頂ければ幸いです。

腰痛なのに動くと楽に感じる状態について 後書き

腰痛なのに動くと楽に感じる状態について解説させて頂きました本記事は以上となります。

こちらの記事内容がお読みになられた方の参考になれば幸いでございます。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

*