整骨院あるある

接骨院の開業資金はどのくらい必要なのか?最低でも用意しておきたい金額とは いくら位なの!?

これから接骨院を開業しようとしている方だけでなくても、接骨院の開業資金ってどのくらい必要なのか気になったりすると思います。

そこで本記事では、ぶっちゃけトークも織り交ぜながら接骨院の開業資金についてお話させて頂きますので、お楽しみ頂ければ幸いです。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

接骨院の開業には いくらくらいの金額が必要なの!?

接骨院の開業資金に関しては、実際のところピンキリです。

店舗の契約に改装、治療機器の導入に事務用品や消耗品、そして人件費…金額をかけようと思えば、青天井みたいなところがあります。

でも実際に知りたいのは、最低でもどのくらいの資金が必要なのか…という事ですよね。

ぶっちゃけて申し上げますと、私は開業資金に700万円を必要としました

完全に私1人で店舗を営業していますので、人件費は一切いらず、店舗に関しても広い物件は必要としていませんでしたが、確実に治療の結果を出せるようにと、治療機器はそれなりのものを導入し、お越し頂く患者様には居心地の良い空間を提供しようと考えましたので、内装もそれなりに充実させたつもりです。

お金をかけるところとかけないところをしっかりと区別した形でございます。

その結果、700万円という開業資金を必要としました。

ですので人件費を必要としないという事を前提にし、出来る限り費用をかけないでおこうとすれば、500万円もあれば十分に接骨院を開業する事は可能だと思います

接骨院の開業資金はどこから借り入れするのか!?

そんな接骨院の開業資金ですが、多くの方は借金という形で、様々な金融機関から借り入れをして調達していると思います。

ご自身の貯金だけで開業された方もいると思いますが、おそらく多くはいらっしゃらないはずです。

ちなみに私を含め、個人的にお付き合いのある先生方のほとんどは、金融機関からの借り入れで開業資金を調達しました。

自身の貯金という方は1人も知らず、両親から借りたという方が2名、お世話になった先生いわゆる師匠から借りたという方を1名知っている程度です。

スポンサードリンク

そして私自身、開業資金を借り入れしたのが、日本政策金融公庫…国金と呼ばれている金融機関でございます。

銀行から借り入れするという方法もございましたが、色々と調べたり実際に銀行に足を運び話を聞いたりした結果、審査が厳しく希望する条件を借り入れするのは難しいだろうという結論に至り、銀行は諦め国金にした次第でした。

余談ですが、開業時に持ち合わせていた私自身の微々たる貯金には一切手をつけませんでしたので、国金から借り入れした700万円で接骨院をオープンするに至りました。

接骨院を開業するには運転資金の準備も忘れずに!?

自分自身の接骨院をオープンするにあたり、開業資金だけがクローズアップされがちですが、忘れてはいけないのは運転資金です。

接骨院での売り上げは、患者様から頂く自費診療を含んだ窓口での負担金に、各保険会社から入金される治療費が主となります。

窓口で頂く治療費に関しては、その場で手元に入りますが、各保険会社から振り込まれる治療費については、請求方法によって異なるものの、およそ1~3ヶ月後になるのです。

ですので月の売り上げすべてが、すぐさま手元に入ってくるわけではない為、開業後3ヶ月程度の運転資金は開業と同時に準備しておかなくては大変な事になってしまいます。

もし接骨院を開業されるのであれば、この運転資金までを開業資金と考えておく方が賢明でございますので、是非とも知っておいて頂ければと思います。

接骨院の開業資金に関する解説 後書き

接骨院の開業資金に関する解説をさせて頂きました本記事は以上となります。

こちらの記事内容がお読みになられた方の参考になれば幸いでございます。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-整骨院あるある
-,