腰・骨盤

ぎっくり腰にならないようにする予防方法で効果のあるものとは?大事なのは身体への心遣い…!?

一度でもぎっくり腰を経験されたことのある方は、この痛みや辛さを二度と味わいたくないと思いますよね…!?

そこで本記事では、このぎっくり腰を予防する方法に関して解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

ぎっくり腰の発生は避けられないものではない…!?

まず、ぎっくり腰とは関節または筋肉の炎症によって起こるものであります。

そして発生機序としては、重い荷物を持とうとした際や中腰での作業、大きなくしゃみに咳というような、ちょっとした衝撃や刺激によるものですね。

このように、何かしらの動作によってぎっくり腰は発生してしまうので、ある程度は避けられないものと考えている方もいらっしゃるかも知れません…

しかし、ぎっくり腰を起こしてしまう上記のような動作は、一つのキッカケにしか過ぎないのですね。

本当にぎっくり腰を予防したいのであれば、このキッカケに至るまでが重要になってくるのでございます。

ぎっくり腰の効果的な予防方法は原因を知れば答えが出てくる…!?

何かしらの動作によって発生してしまうぎっくり腰…動作の内容は様々ですが、そういった動作によってぎっくり腰が発生してしまうのであれば、毎日何人の人がぎっくり腰になってしまうのでしょうか??

結局のところ、ぎっくり腰が発生してしまうのは、既にぎっくり腰を起こしてしまうような状態になってしまっているということなのです。

それは…

関節が不安定な状態である
筋肉が拘縮状態で動きが悪い

というような状態であります。

スポンサードリンク

腰がこのような状態にあるからこそ、ちょっとした動作をキッカケに炎症を起こしてしまう、強い痛みを伴うぎっくり腰となるのですね。

このぎっくり腰が発生してしまう理由を正確に理解していれば、予防する方法も見えてくるのでございます。

効果的なぎっくり腰の予防方法とは身体への心遣い…!?

関節の状態が不安定や筋肉が拘縮状態であるが故に起こるぎっくり腰。

このような状態は、一言で積み重なる疲労によって出来上がってしまうものでございます。

日々少しずつ溜まっていく疲労が、着実に腰の状態を悪いものしていっているのですね。

しかし現在社会において、疲労を溜めないということ程に、難しいものは無いかも知れません…

ですので、結局のところ日頃から身体を動かす習慣であったり、定期的な身体のメンテナンス…ぎっくり腰を予防するには、こういった身体への心遣いが必要になってくるのです。

ちょっとしたタイミングで発生するぎっくり腰ですが、そこに至るまでに原因が潜んでいるわけなので、予防するにもその部分に対してアクションを起こさなければなりません。

ぎっくり腰の予防方法に関して解説させて頂きましたが、本記事がお読みになられた方の参考になれば幸いです。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-