腰・骨盤

ぎっくり腰は整骨院で健康保険が適応される治療なのか?保険が使えないのは、どんな場合…!?

先日、下記の参照記事にて、寝違いを治す治療は整骨院で保険適応されるのかどうか…という解説をさせて頂きました。

参照記事:整骨院での寝違え治療は健康保険が適応されるのか?保険が使える基準ってなに…??

今回はぎっくり腰について、整骨院と保険治療の関係を解説させて頂きます。

上記参照記事を似た部分が多くなってしまいますが、参考にして頂ければ幸いです。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

ぎっくり腰で整骨院を受診したら健康保険は使えるの…!?

まず基本的なところとしまして、急性のお怪我であるぎっくり腰は整骨院において健康保険が適応される治療でございます。

傷病名としては「腰部捻挫」が用いられることが多く、状態や症状によっては「背部挫傷」や「右または左股関節捻挫」と判断することもあります。

ですので、ぎっくり腰によって腰を痛めた際、整骨院に来院される時は、健康保険証を忘れずに足を運んだ頂ければと思います。

ちなみに、健康を保険証を忘れた場合は、10割の治療費または一時預り金として一定の金額を窓口にて支払うことになります。

当然ですが後日、健康保険証を持っていけば清算されますので、ご安心下さい。

ただし、ぎっくり腰に関しても寝違い同様に健康保険が適応されない場合というのがございます。

整骨院で健康保険が使えないぎっくり腰ってどんな場合なの…!?

ぎっくり腰なのに整骨院で健康保険が適応されない場合…それは、痛みが発生してから期間が空いて来院された場合ですね。

急性のお怪我のみに健康保険が適応される整骨院では、この急性かどうかという部分が曖昧になってしまったら、健康保険の適応が難しくなってきます。

スポンサードリンク

健康保険が適応されなくなってしまうと、完全な自費診療という扱いになってしまいますので、患者様にご負担頂く金額が高くなります。

加えてぎっくり腰が発生してから治療を始めるまでの期間が空いてしまうと、痛みが治っていく改善スピードも遅くなってしまいます。

ですので様々な方向からみて、ぎっくり腰になってしまい整骨院に足を運ぼうと思っているのであれば、一日でも早く…理想と言えばすぐに受診されることをお勧め致します。

ちなみに、健康保険を適応するかしないかは各整骨院の先生が判断しますので、一概にどの位の期間空けなければ大丈夫なのか…という基準はありませんが、一週間というところを目安にして頂けば良いかな…というのが私個人の意見でございますので、一つ参考にして頂ければと思います。

ぎっくり腰の治療を整骨院で受けるなら期間を空けずにすぐ来院!!

急性のお怪我だけに健康保険が適応される整骨院では、当然…慢性腰痛の治療は保険適応外となります。

近年…医療費の抑制に取り組んでいる各保険組合では、こういった整骨院での腰痛治療に関して非常に厳しく審査する傾向にございます。

ぎっくり腰の治療に対して健康保険が適応されなくなってしまうと、負担増となるのは誰でもない患者様であります。

そういったことを避ける為にも、ぎっくり腰を起こしてしまった際に整骨院を受診されるのであれば、早く治す為にも期間を空けずに足を運んで頂きたいと思います。

整骨院でのぎっくり腰と健康保険に関して解説させて頂きました本記事は以上となりますが、お読みになられた方の参考になれば幸いです。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへのクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-,