寝違い

寝違えで首や背中が痛いときにお風呂は入っても大丈夫?早く治す為の理想の入浴方法とは??

先日、ぎっくり腰になった際の理想的なお風呂の入り方について解説させて頂きました。

参照記事:ぎっくり腰になったらお風呂はいつから入っても良いのか?一つの目安は〇日目…!?

そこで本記事では、その流れのまま寝違えの際におけるお風呂の入り方について解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

寝違えをしてすぐはお風呂に入るのは控えてシャワーのみで…

まず、寝違えを起こしてすぐの時はぎっくり腰と同様に、入浴するのは控えてシャワーのみで済ませるべきであります。

これは繰り返しの説明になりますが、熱の伴っている炎症を鎮めることが、早く寝違えを治す為に必要不可欠なことだからです。

ですので、入浴によって身体を温めてしまうことは、見事なまでに逆効果となってしまいますので、寝違えを起こしてすぐの時はシャワーのみで済ましておきましょう。

そして入浴のタイミングも炎症が消失すると考えられる72時間、3日を経過する頃が一つの目安でございます。

ただし3日を経過しても、受傷後と変わらない痛みが続いているようでしたら、もうしばらくシャワーのみにして、様子を見るのが賢明です。

とにかく寝違えに関しても、痛みが発生してすぐの時はシャワー、3日程が経過して痛みが改善傾向にあれば入浴しても大丈夫と、理解して頂ければと思います。

半身浴で首を温めなければ寝違えでもお風呂に入って大丈夫…!?

ここで一つ、「半身浴だったら、早い段階でも大丈夫ですか…??」という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

半身浴だと首や背中を温めていないから、炎症を助長するようなことはないだろうという考えですよね。

スポンサードリンク

確かに直接的に痛みを感じる部分を温めてはいないですが、結局は身体全体の体温が上がってしまうわけですから、良いと言えるものではないですよね。

「控えておくべき」という考えを前提にして、寝違えの程度が酷くなかったり、痛みが軽減してきたというのであれば入っても大丈夫かな…というところです。

ただし、半身浴後における患部のアイシングは必須でございます。

必ずお風呂から上がりましたら、忘れずに氷または保冷剤を使って冷やしてやって下さい。

寝違えを早く治すにはお風呂の入り方が重要である!!

寝違えを起こした際のお風呂の入り方について解説させて頂きましたが、寝違えを早く治す為にはアイシングや安静にすることと治療に加え、お風呂の入り方も一つ重要なものとなります。

それは…お風呂の入り方で寝違いが早く治るというものではなく、間違った入浴は状態を悪化させてしまい症状を一段と強いものにしてしまうからですね。

状態を悪くしてしまえば、当然ながら治るのが遅くなってしまいます。

ですので、寝違えやぎっくり腰を越した際の理想とする入浴方法は是非とも知っておいて頂ければと思います。

お風呂の入り方について解説させて頂いた本記事は以上となりますが、お読みになられた方の参考になれば幸いでございます。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、登録していますブログランキングへのクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。


健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-寝違い
-