肩・腕

子供の抱っこで親指が痛い 病院を受診しないと治らない?サポーターが役に立たない理由とは??

子供の抱っこを続けることで発生してしまう親指の痛み。

今回は、そんな親指の痛みについて解説させて頂きます。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お悩みの方も多いと思いますので、何かしらの参考にして頂ければ幸いです。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

抱っこのやり過ぎで親指が痛いのは何がどうなってるの…!?

まず、抱っこのやり過ぎで親指が痛くなるのは…

関節への負担が大きくなってしまっている
筋肉または腱に強い負荷がかかっている

の、どちらかである可能性が高いと思われます。

結局のところは親指を酷使しているということに尽きるわけですね。

それは細かい解説になりますが、小さなお子様を抱っこしたりする際には、無意識に親指を基準と言いますかメインにしているからであります。

特に胸側で抱っこしたまま何かをしようとする時は、親指だけにお子様の重さがかかっていたり、親指の動きだけに頼って子供を支えたりしてしまっているのです。

これが親指を酷使し関節や筋・腱に負担をかけ、痛みを発生させてしまう結果へと繋がっているのですね。

親指の痛みを治す治療方法は病院の受診…!?

そんな親指の痛みですが、状態の悪さが関節なのか…筋・腱なのか…という部分を確実に判断し、その状態の悪さに対して的確なアプローチを施せば痛みは軽減に向かいます。

関節や筋・腱に対する治療は整骨院や接骨院での電気治療および超音波治療といった物理的アプローチ、または鍼灸院による針治療などが最も効果的です。

骨折や骨膜の損傷を確認する為にレントゲン撮影ができる整形外科などを受診されるのも良いですが、抱っこによって骨折や骨膜が損傷されるというのは少し考えづらいところがあります。

加えて骨折などがあれば別ですが、整形外科などでは関節や筋・腱に対する的確な治療を施してくれないということが多いので、親指を動かすだけで激痛が走るといった深刻な状態でない限りは無理して整形外科などを受診する必要はなく、整骨院や鍼灸院といった施術所で治療を受ける方が賢明だと思います。

スポンサードリンク

また痛みや状態の程度がそれ程悪いものでなければ、安静という方法で改善に向かうと考えられますが、小さなお子様がいる段階で抱っこをしないという選択は限りなく難しいことですので、やはり痛みを軽減させるには治療という方法が最も最適なものとなってくるのですね。

親指のサポーターがおすすめできない理由とは…!?

治療以外には親指のサポーターを使用する方法も一つの選択です。

ただ私は、あまりお勧めできません…と言うより様々な方のご意見が「使えない」というものなのであります。

確かにサポーターは関節や筋・腱の負担を軽減させ親指を保護してくれる役割がございます。

その効果によって痛みが感じなかったり軽減したりするのですね。

しかしサポーターをつけたままの育児や家事…「できたもんじゃない」というのが、お母さま方を始めとした現場のお声なのであります。

サポーターには確かな効果があるのは間違いないですが、実際には上手く使いきれないといったところですね。

就寝中だけでもサポーターを使用すればどうか…とお考えになる方もいると思いますが、親指を使わない状況であるならばサポーターを使用する意味はほとんどありません。

ですので、やはり抱っこが原因による親指の痛みにサポーターはお勧めできないのですね。

抱っこによる親指の痛みに関して解説させて頂きました本記事は以上となりますが、参考になる部分がございましたら幸いです。

また記事の内容がお役に立つものと感じて頂けましたら、ブログランキングへのクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、お手数でなければ是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-肩・腕
-