下肢

ふくらはぎや太もも裏の張りと腰痛の関係 坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの恐れはある!?

腰痛にて整形外科などの病院や整体院といった施術所などを受診した際に、「腰の痛みの原因は太もも裏やふくらはぎの張りである」と診断されたという話を時々耳にします。

実際に患者様への問診やお身体の状態を確認しないと正確な判断は出来ませんが、この「腰痛の原因が太もも裏やふくらはぎの張り」という診断は見当違いであることが非常に多いです。

その理由について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

ふくらはぎや太もも裏の張りが腰痛の原因というのは間違い…!?

太もも裏やふくらはぎの筋肉というのは腰の動きと密接な関係にあります。

特に太もも裏にある大腿二頭筋と呼ばれる筋肉ですね。

しかし身体の構造上、太もも裏の筋肉が張ったから腰痛になるというのは考えづらいものがあります。

それは身体を動かす際の起点が腰・骨盤にあるからです。

腰に何かしらの問題が起こっており、その影響がお尻にある殿筋や太もも裏の大腿二頭筋にまで及び張ってしまっているという流れが自然なわけです。

実際に太もも裏やふくらはぎの張りが原因であるならば、その張りを改善すれば腰痛は治るということになりますが、一時的に腰の痛みは楽になるものの、間違いなく腰痛を再発させてしまう結果になるでしょう…

太もも裏やふくらはぎの張りというのは腰痛を患っている結果によるものですので、多くの場合は必ず別の部分に腰痛の原因が存在しています。

ですので正しい治療の方法・考え方としては、別に存在する腰痛の原因を対処しながら、太もも裏やふくらはぎの張りへもアプローチを施し、いち早く腰の痛み軽減させるという内容ですね。

こういった施術内容が太もも裏やふくらはぎにまで張りを伴う腰痛に対するベストな治療となるわけでございます。

腰を反らすと痛いのは太もも裏の張りではなく殿筋の拘縮!!

太もも裏やふくらはぎに張りを感じる腰痛の多くは腰を後ろに反らすという動きが辛いはずです。

これは太もも裏やふくらはぎが張る前にお尻にある殿筋が、それなりに硬く拘縮してしまっているからになります。

腰を後ろに反らすという動きは殿筋が大きく関係しています。

スポンサードリンク

ですので太もも裏やふくらはぎの張りを伴う腰痛の方は腰を後ろに反らす動きが辛いのであります。

以上ような理由からも太もも裏やふくらはぎが張るという腰痛は関節などの炎症ではなく、多くは筋肉の拘縮によって起こっている腰の痛みであるという推測ができます。

骨盤矯正などといった難しい治療方法ではなく電気治療や超音波治療に針治療、筋肉の拘縮具合が強いものでなければマッサージに大きな期待は出来ませんがストレッチというように、筋肉に対して的確なアプローチを施せば太もも裏やふくらはぎの張りは当然ながら腰痛も確実に改善に向かうはずです。

決して難しく考える必要は無いのですね。

坐骨神経痛があっても病院でヘルニアの検査は急ぐ必要はない…!?

加えて殿筋が拘縮状態にあることから坐骨神経を圧迫した坐骨神経痛を伴っているという推測もできます。

坐骨神経痛と聞くと腰椎椎間板ヘルニアを連想してしまいMRIなどといった検査を受けようと考えられるかも知れませんが、個人的には筋肉への的確な治療を施したにも関わらず下半身の張り感が改善されなければ検査してみるという流れで問題ないと考えています。

最近では腰やお尻が痛かったり下半身に突っ張りを感じると一足飛びにヘルニアに行き着く傾向がありますが、ヘルニアに関してもヘルニアになる状態というのがあります。

単純に腰やお尻が痛かったり足が突っ張るというだけで簡単にヘルニアになったりはしません

ですのでまずは関節や筋肉の状態を確認し治療を施す、その上で改善傾向になければ疑うという順序で良いわけでございます。

ふともも裏やふくらはぎの張りと腰痛の関係に坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアに関した解説となる本記事は以上となりますが、お読みになられた方の参考になるものでしたら幸いでございます。

また記事の内容がお役立つものだと感じて頂けましたら、ブログランキングへのクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-下肢
-