腰・骨盤

抜けるような腰痛や力が入らない腰の痛みを治す方法 病院を受診する必要はある??

先日、下記の参照記事にて抜けるように感じる腰の痛みや、力の入らない腰痛の原因について解説させて頂きました。

参照記事:抜けるような痛みを感じる腰痛の原因は?腰に力が入らない理由ってなに??

原因が分かれば次の疑問点は治し方になってくると思います。

今回は「抜ける」や「力の入らない」といった腰痛の治し方について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

抜けるような痛みを腰に感じたら、すかさずアイシング!!

上記の参照記事にて「抜けるような」「力の入らない」といった腰痛は、関節または筋肉の炎症によるものであると解説させて頂きました。

その中でも圧倒的に多いのが仙腸関節の炎症によるものですね。

そんな仙腸関節の炎症への対処方法ですが、まず自分自身で出来ることと言えばアイシングにて患部を冷やすことです。

炎症には必ず熱が伴っており、この熱が厄介な存在になってきます。

湿布などでも効果がないことはないのですが、痛みが強かったり痛み始めの段階では氷や保冷材によるアイシングの方が、炎症を抑えるのには効果的であります。

ですので温めたりすることだけは絶対にNGです。

間違ってもお風呂に長々と入ったしないで下さい。

状態が悪化し炎症が酷くなり痛みが強くなってしまうだけでございます。

腰の状態が酷いものでなければアイシングの効果で炎症の消失と共に痛みは軽減し、腰に力を入れれるようになってくるはずです。

ただ実際にはアイシングだけで痛みが無くなる程、簡単なものではございません。

そもそも腰に抜けるような痛みを感じたり、力の入らないといった状態になっている時点で、それなりの状態ということです。

やはり痛みを軽減させ腰を治すには、しっかりとした治療が必要になってくるのでありますね。

力の入らない腰痛はマッサージやストレッチでは治らない…!?

まず仙腸関節に限らず炎症を消失させる治療は、「手技」より「物理」です。

「人の手」より「機器」ということですね。

マッサージやストレッチなどの整体による施術にて強い刺激を与えてしまうと、炎症は消失するどころか温めたのと同じように助長させる結果となってしまいます。

スポンサードリンク

炎症を消失させる治療は間違いなく物理的な治療が効果的です。

物理療法をメインとして治療をおこなっているのは整骨院(接骨院)や鍼灸院ですね。

整骨院では電気治療や超音波治療、鍼灸院においては針や灸による治療であります。

これらの物理療法を的確に施すことができれば、確実に炎症は消失します。

加えて多くの場合で伴っている腰に関係する筋肉の拘縮に対する治療も施すことができ、痛みは間違いなく無くなる方向に進んでいきます。

以上のような理由から「抜けるような」「力の入らない」といった腰痛を治す為には、整骨院(接骨院)や鍼灸院といった施術所への受診をお勧め致します。

整形外科の受診や骨盤矯正を勧める整骨院には要注意…!?

ただ数ある整骨院などの施術所の中には技術が乏しかったり、儲けることだけに走ってしまう店舗が少なからず存在しています。

高額な治療費を請求するような骨盤矯正を勧めてきたり、来院頻度を増やすような回数券の販売など…

上記で説明させて頂いたように炎症に対する治療は物理療法によって間違いなく治ります。

ですので骨盤矯正や回数券の販売を勧めてくるような施術所は避け、身近な人の紹介や口コミなどを参考に優良な整骨院または鍼灸院へ足を運んで頂けたらと思います。

また整形外科に関してはレントゲンなどで検査ができるものの、骨折などが無ければ異常なしという診断で、痛み止めの薬や湿布を処方されて診察終了となるケースがほとんどです。

抜けるような感覚や力が入らないとった状態で骨折があるというのは、非常に考えにくいことですので、わざわざ整形外科を受診する必要はないのですね。

以上が「抜けるような」「力の入らない」といった腰痛を治す治療方法の解説になります。

こちらの記事がお読みなられた方のお役に立つものでございましたら幸いです。

また記事の内容が参考になるものと感じて頂けましたら、ブログランキングへのクリックをしてもらえると嬉しい限りですので、是非とも宜しくお願い申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-