腰・骨盤

妊娠中のぎっくり腰を治す治療方法とは?妊娠中は湿布を貼っても大丈夫なの??

妊娠中に起こってしまったぎっくり腰の治し方について、

・理想的な治し方とは
・気をつけたい注意点
・湿布を使っても大丈夫なのかどうか

という3項目に分けて解説させて頂きました。

スポンサードリンク

妊娠中のぎっくり腰は病院を受診しない方が良い…!?

ぎっくり腰とは関節または筋肉の炎症によって起こる症状ですが、
妊娠中は女性ホルモンの影響で関節が緩くなっていることに加え、
不安定な関節を支えようと筋肉の負担も大きくなっている為に、
普段よりもぎっくり腰になりやすい状態と言えることができます。

そして治す為の治療方法も胎児への影響を考慮する必要があります。

実際には妊娠して何週目なのかであったり治療機器による違いがあるので、
必ずしも全員が同じ方法をしないといけないということはありませんが、
やはり胎児のことを考えると治療はしないという方法が良いと私は考えています。

結局のところぎっくり腰とは炎症をすばやく消失させれば何の問題もありません

腰に痛みを感じたらすかさずアイシングにて患部を冷やし炎症を鎮めてあげるのです。
決して温めたりして炎症を助長させてしまうようなことをしてはいけません。

加えて安静に過ごしてされすれば間違いなくぎっくり腰は治ります。
無理して動いたりしてしまうから治りが遅くなり腰の痛みが長引いてしまうのですね。

妊娠中というお身体の状態からぎっくり腰になってしまうのは仕方ない部分もありますので、
とにかく早く治してしまうというところにフォーカスして頂ければと思います。

その為には「アイシング(冷やす)」と「安静」が絶対になってくるのであります。

ぎっくり腰を再発させない為の注意点とは…!?

上記の方法で適切な処置をすれば時間の経過と共に痛みは軽減し、
ぎっくり腰は間違いなく治る方向に間違いなく進んでいきます。

ただ一点だけ注意して頂きたいことがございます。

スポンサードリンク

時間の経過と共に腰の痛みが軽減していくと思われますが、
妊娠中の場合は完全に痛みが無くなるまでは安静を忘れないで欲しいのです。

通常ですと痛みの軽減と共に少しずつ身体を動かしても大きな問題はございませんが、
やはり関節が不安定で筋肉に負担のかかりやすい妊娠中は再発の危険性も高くなります

確実に痛みが無くなってしまうまで無理は禁物です。
ずっとアイシングで冷やす必要はありませんが安静だけは忘れないで下さい。

ちなみにアイシングをする期間は長くても3日間(72時間)で十分です。

ぎっくり腰を起こしてすぐにアイシングにより患部を冷やせば、
72時間(3日)以内には炎症が消失してくれます。

妊娠中のぎっくり腰に湿布は使っても大丈夫…!?

またぎっくり腰の対処方法の一つとして湿布がございますが、
妊娠中における湿布の使用は基本的には避けるべきです。

商品によっては使っても大丈夫なものもございますが、
そもそも湿布を貼ったからといってぎっくり腰がすぐに治るわけではないですし、
間違いなくぎっくり腰を起こしてすぐは湿布よりアイシングの方が効果的です。

ですので使っても大丈夫かどうなのかという心配をする必要はなく、
上記で解説させて頂いたように「アイシング」と「安静」で確実に治しましょう。

余計なモノは何も用意する必要はありません。

氷または保冷剤と布団またはベッドがあれば絶対にぎっくり腰は治ります(笑)

妊娠中のぎっくり腰に関しての解説は以上となりますが、
お読みになられた方の参考になれば幸いでございます。

記事内容が何かしらのお役に立ちましたら、
ブログランキングへのクリックをして頂けると嬉しい限りでございます。

宜しくお願い申し上げます。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-