下肢

捻挫による足首の痛みは何科を受診するべき?整形外科と整骨院の違いとは??

2017/04/18

捻挫による足首の痛みがなかなか治らないという状態に関して、

・足首の痛みが長引く原因とは
・痛みが治らないのは骨折の疑いがあるからなのか
・足首の痛みを治す治療における整形外科と整骨院の違いとは

という3項目に分けて解説させて頂きました。

スポンサードリンク

捻挫による足首の痛みが治らない原因とは…!?

一般的に足首の捻挫は内返し捻挫と呼ばれる外側の靭帯を損傷する場合が最も多くなります。
足首を内側に捻ってしまった為に靭帯が無理矢理に伸ばされ関節に炎症が起こってしまうのですね。

このように足首の捻挫は関節だけではなく靭帯の損傷も伴っていますので、
炎症を早く治す為の絶対条件である「安静」と「アイシング(冷やす)」に加え、
伸びてしまった靭帯を元の状態に戻す為の「固定」も必要とします。

炎症はおおよそ72時間以内に消失されると考えられていますので、
3日も経てば炎症が落ち着き足首の痛みも軽減していくのですが、
靭帯に対する対処が疎かになってしまうと靭帯が伸びたままとなり、
足首の痛みがなかなか治らない状態となってしまうのです。

これは靭帯が伸びてしまったことによる関節の不安定さと、
その不安定さを補うために足首の動きに関与している筋肉が、
必要以上の負担を抱えてしまっている為に起こります。

以上のことから捻挫した後に感じる足首の痛みがなかなか治らない要因は、
怪我をしたことで伸びてしまった靭帯に対するアプローチが無かったことによるものなのですね。

(ただ例外があり、それに関しては後述させて頂きます。)

足首の痛みが治らないと骨折の疑いがある…!?

そこで治らない足首の痛みを治す為にはどうするのか…ということですが、
その前に骨折に関しての解説をさせて下さい。

痛みがなかなか軽減しないのだけれども歩くことはできるし、
捻挫をしてすぐの時に比べて痛みが強くなってきていないのであれば、
まず骨折の心配は必要ないと考えられます。

ただし純粋な骨折はなくとも骨の一部が剥がれてしまう、
剥離骨折を起こしている可能性は少なからずあります。

骨折の確認はレントゲン写真を確認しなければ判断できないので、
このような場合はレントゲンを撮れない整骨院ではなく、
整形外科を始めとした病院を受診する必要がありますね。

ですので剥離骨折の確認をしたいとお考えなのであれば、
真っ先に整形外科への受診をお勧め致します。

先程申し上げた例外というのがこの剥離骨折になるのですが何故例外にしたのかと言いますと…
10年以上整骨院で働き足首の捻挫もたくさん治療させて頂きましたが、
未だに捻挫によって剥離骨折を起こしたという実体験に関して、
患者様を含め同業者からも聞いたことがないからでございます。

やはり捻挫によって剥離骨折を起こすのは、
かなりの勢いや強さが伴った捻挫でないと起こらないのですね。

スポンサードリンク

もしそのような捻挫であったら関節の腫れ具合も痛みの強さも結構なものですから、
どうして足首の痛みがなかなか治らないだろうという悩みにはならないはずです。

そういった理由から捻挫による足首の痛みがなかなか治らない原因は、
関節の不安定さと筋肉への必要以上の負担だと解説させて頂いたのであります。

しかし私が経験していないというだけで絶対に剥離骨折がないとは言い切れませんので、
整形外科などの病院でレントゲンによる診断に関してご紹介させて頂いた次第となります。

整形外科と整骨院による治療方法の違いとは…!?

さて本題となる関節の不安定さと負担を抱えている筋肉に対するアプローチですが、
整形外科ではこの状態に対する治療はしてくれない可能性が非常に高いと思われます。

おおよそレントゲンによる骨折の判断のみで骨折の確認ができなければ、
「関節が硬いから」などという説明のみで湿布を処方されて診察終了になるでしょう。

やはり整形外科は設備が整っているので骨折などの検査に関しては間違いないですが、
湿布や痛み止めの薬ではない治療となると正直なところ期待できるものではありません。

リハビリ施設を併設している整形外科ですと、
運動療法といった形で足首に何かしらのアプローチをするかも知れませんが、
それでも関節の不安定さや筋肉の状態を改善させるのは難しいところです。

ですので整骨院による治療の方が痛みを治すという求めている結果を期待することができます

多くの整骨院に導入されている電気治療や超音波治療といった物理機器は、
関節・靭帯・筋肉・神経といったものに様々なアプローチを施すことが可能であります。

足首の状態を見極め適切な治療を施すことができれば、
負担のかかっている筋肉や不安定な関節の状態を改善することができるのですね。

そして結局のところ整骨院の良し悪しというは、
足首の痛みが出ている原因の判断できるかどうかになってきます。

整骨院の店舗数も多いですから残念ながら間違った判断をしてしまう先生もいるでしょう…

口コミや評判に周りの方々の紹介といったように信頼のできる整骨院にて、
治療を受けることが長引く足首の痛みを治すことに繋がっていきます。

以上のことから捻挫による足首の痛みが治らない場合は、
骨折の不安があり確認を必要とするのであれば整形外科であり、
痛みの原因を治す場合は整骨院での治療という選択がお薦めです。

こちらの記事は以上となりますがお読みになられた方にとって、
何かしらの参考になって頂けたら幸いでございます。

また記事の内容がお役に立つものでしたら、
ブログランキングへのクリックも宜しくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-下肢
-