腰・骨盤

ぎっくり腰が治らない原因とは?治し方がストレッチや整形外科ではダメって本当!?

何らかの動きをキッカケに突然激痛に襲われるぎっくり腰。

このぎっくり腰に関して、

・原因
・整形外科の受診にコルセットやサポーターの必要性
・ぎっくり腰を治す方法と対処方法

という3つの項目に分けて解説させて頂きました。

スポンサードリンク

ぎっくり腰の原因は筋肉や関節の炎症によるもの…!?

ぎっくり腰とは骨盤の関節または腰の筋肉に炎症が起こっている急性腰痛のことを言います。

一般的には何らかの動作をしている際にぎっくり腰が発生する為に、
その動作が原因だと思われがちですが実際のところはキッカケにしか過ぎません。

ぎっくり腰を発生させる動作とは何気ないものがほとんどです。

大きなくしゃみや咳
洗面台で顔を洗う
荷物を持とうとする
後ろを振り向こうと身体を捻る

このような動作だけでぎっくり腰が発生していたら、
後を絶たない勢いでぎっくり腰が起こってしまいます。

ぎっくり腰とは、そもそもの腰の状態が悪いが為に起こってしまうものであります。

既に骨盤の関節にある程度の負担がかかっていたり、
腰の筋肉が拘縮していて凝り固まっていたりと、
不安定な状態にあるからこそ何気ない動作をキッカケに激痛に襲われてしまうのですね。

もちろん純粋に重い荷物を持とうとした際や、腰を勢いよく捻ってしまったりと、
その場面だけの衝撃で起こることもありますが、圧倒的に少ないのが現実なのであります。

ぎっくり腰に整形外科やコルセットは効果があるの…!?

ぎっくり腰とは先にも申し上げましたが、関節または筋肉の炎症によるものです。

突然に発生し激痛に襲われる為に病院では整形外科を受診される場合が多いと思うのですが、
レントゲン写真を元に診断や判断をすることが多い整形外科では異常はないと言われ、
痛み止めの薬や湿布を処方されて診察終了ということになるケースがほとんどです。

これは炎症がレントゲン写真で判断できるものではないからですね。
結局のところ骨にヒビが入っていたり折れているようでないと、
異常なしという診断で終わってしまうのです。

スポンサードリンク

ですので強い衝撃や打撲などにより骨折の疑いがあるのであれば、
整形外科への受診をお勧め致しますが腰を屈めたり反ったりという前後の動きや、
左右に捻るという動作の中でぎっくり腰が発生したのであれば、
わざわざ整形外科へ足を運ぶ必要はないと思います。

また腰のコルセットやサポーターも腰の痛みを軽減させる役割を持ちますが、
名前の通り腰をサポートしているだけのものですので治るということには繋がりません。

加えてストレッチも炎症を抑えるものではありませんので、
ぎっくり腰を治すことにはならないのです。

治らないぎっくり腰の治し方や即効性のある方法とは…!?

関節または筋肉の炎症によるぎっくり腰は、
これらの状態を改善することでしか治ることはありません。

そしてこの関節の炎症を抑える治療や筋肉の拘縮を改善する施術をしてくれるのは、
整骨院(接骨院)や鍼灸院に整体院といった施術所になります。

しかし数ある施術所の治療技術はピンキリというのが実際の現状です。

身近な人からの紹介や口コミにネットでの評判など様々な情報を元に、
ぎっくり腰の原因や状態を理解しており、
確実にぎっくり腰を治してくれる施術所を見つけ出す必要があるのですね。

ちなみにぎっくり腰になったら、
まずは氷や保冷剤を使って痛む箇所を冷やすアイシングを施して下さい。

ぎっくり腰を発症してすぐにアイシングにて炎症が酷くならないようにすることで、
悪化を防ぐと同時に結果的にぎっくり腰の治りが早くなります。

ぎっくり腰は適切な治療をすれば必ず痛みは改善します。

しかしぎっくり腰による痛みを改善させる治療と、
ぎっくり腰にならないようにする為の治療は、
別物と考えるべきだと思います。

頻繁に繰り返しぎっくり腰になってしまうようであれば、
是非一度しっかりと腰の状態を良くするという治療に取り組んで頂きたいと思います。

こちらの記事は以上になりますが、
お読みになられる方の参考になればと思い解説させて頂きました。

何かしらお役に立つことが出来れば幸いでございます。

またブログランキングへのクリックもして頂けると嬉しい限りですので、
是非とも宜しくお願い申し上げます。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-