腰・骨盤

産後腰痛が治らない原因は?産後体操やベルトは効果無しって本当!?

2017/03/31

産後に起こる腰痛に関して…

・産後腰痛が起こってしまう原因
・産後腰痛が体操やベルトに病院の治療では治らない理由
・いつまでも治らない産後腰痛の治し方

という項目に分けて解説させて頂きました。

スポンサードリンク

産後腰痛の原因は出産による骨盤や関節の歪み…!?

産後に起こる腰痛の原因は主に関節の問題によるものです。

お腹の中の赤ちゃんを出産する際には胎児が産道を通りやすくする為に、
大量の女性ホルモンを分泌し関節を物凄く柔らかくして、
骨盤を広げても大丈夫な状態にするという変化が身体の中で起こります。

そして無事に赤ちゃんの出産を終えると広がっていた骨盤が元に戻るのですが、
この時に以前と同じような関節の状態にならず歪んだ形になってしまうことがあるのです。

これが骨盤の歪みであり産後に起こる腰痛の発生機序となります。

ちなみに歪んだ状態になる関節は仙腸関節と呼ばれる、
身体を支える為に大事な役割を担っている関節です。

どうして歪んだ状態の関節として戻ってしまうのかはハッキリしないところですが、
胎児の産道の通り方や出産中の体勢が関与しているだろうと考えられます。

私は2人目の子供の出産に立ち会ったのですが、
あの壮絶な出産の時に産後の骨盤の状態なんて、
とてもじゃないですが考えてられるものではないですよね(汗)

ですので産後の腰痛を引き起こす関節の歪みに関しては、
どうしようもできない仕方のない部分があるのです。

産後腰痛は体操やベルトの効果では治らない…!?

ある意味でどうしようもなく起こる産後の腰痛ですが、
理想は出産後に歪んでしまった関節へアプローチをかけ正常な状態に戻すことです。

そのままにしておくと歪みの程度が少しずつ酷くなり、
それに伴う筋肉の状態も悪くなり腰痛が悪化する一方となります。

ただ現実問題として産後の腰痛を治したいと考えるのは、
出産してからそれなりの時間が経ってからになると思います。

そんな時に腰痛体操と呼ばれるような体操やストレッチに、
ジョギングなどの運動を始めても治ることはありません。

スポンサードリンク

また骨盤ベルトや腰のサポーターを使うことに関しても、
痛みを軽減させる効果は期待できますが改善し治すということには繋がりません。

それは産後に起こる腰痛の原因は骨盤にある関節の歪みだからですね。

ちなみに整形外科などを受診してレントゲン写真を撮っても、
「異常なし」と診断されて痛み止めの薬や湿布を処方されて終了になる場合がほとんどです。

整形外科の先生方は骨折や骨の病気を判断するのが専門であって、
関節の炎症や骨盤の歪みには目を向けないからでございます。

いつまでも治らない産後腰痛の治し方とは…!?

産後の腰痛を改善し治す為には出産による仙腸関節のズレから起こる、
骨盤の歪みが原因であるということを理解しており、
その骨盤の歪みを正確に判断して確実に骨盤の状態を正常にしてくれる、
施術所または治療家の元で施術する必要があります。

ちなみに骨盤の歪みが酷くなってくると先にも申し上げましたが、
それに伴う筋肉の状態も硬く凝り固まった悪い状態となります。

この硬くなった筋肉を柔らかくほぐすというアプローチによっても腰痛は改善しますが、
根本的な改善には繋がらず時間が経てば再び腰痛を感じることになってしまいます。

いずれにせよ整骨院(接骨院)や鍼灸院に整体院など、
数ある施術所の中で実績があり口コミなどの評判が良いところで、
しっかりとした治療を受ける必要があるのですね。

間違っても電気をかけるだけの整骨院(接骨院)や、
マッサージをするだけの整体院では治療を受けないで下さい。

以上が産後腰痛についての解説になります。
お読みになられる方の参考になればと思い説明させて頂きました。

何かしらのお役に立てれば嬉しい限りであることに加え記事の内容が為になるものでしたら、
是非ともブログランキングへのクリックをよろしくお願い致します。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-