腰・骨盤

腰のコルセットやサポーターの注意点とは!?○○している時に使っては絶対にダメです!!

用途や強度など様々な種類の商品が発売されている腰のコルセット。

この腰のコルセットを使用するに当たって絶対に装着してはダメな場面がございます。

腰のコルセットやサポータを使用する際の最大の注意点について解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

睡眠で寝ている時だけは絶対に使ってはダメな腰のコルセット…!?

腰のコルセット使うときの最大の注意点は…

睡眠中の寝ている時は絶対に使わない(装着しない)

ということでございます。

腰のコルセットとは当然ながら腰痛を治すものではなく、関節を安定させ腹筋や背筋の代わりとなる役割を担うサポーターです。

このような役割をしてくれるからこそ腰のコルセットを使うと、極端に痛みを軽減させてくれて動けるようになるのですね。

しかし腰のコルセットを装着したまま横になって寝てしまうと、骨盤を固定していることや腹圧の影響などの様々な要素が重なり合って、見事なまでに状態を悪化させてしまい痛みが増してしまいます。

腰のコルセットを使用する際は「寝ている時は絶対に装着せずに外しておく」ということだけ知っておいて下さい。

腰の痛みが強くなく少しだけならコルセットは使わない…!?

腰のコルセットは寝ている時に絶対に装着しないということに加え、痛みが強くなく我慢できる程度なら使用は控える方が賢明です。

先程も申し上げましたが腰のコルセットはサポーター的な役割ですので、腹筋と背筋の代わりをしてくれます。

関節を安定させてくれる点に関しては問題ないのですが、必要以上の使い過ぎは腹筋や背筋を弱めてしまうというデメリットがあります。

スポンサードリンク

痛みが激痛でどうしようもない場合などは使うべきですが、痛いながらも動くことができるといった程度の時には、逆に使用を控えめにする方がトータル的にみて早く腰の痛みを治すということに繋がります。

装着しておいた方が安心できるし楽だから」というような理由で腰のコルセットを必要以上に使用するのは止めておきましょう。

腰のコルセットやサポーターの正しい使い方とは…!?

上記のような理由から腰のコルセットを使用するタイミングとして望ましいのは…

腰の痛みが激痛でどうしようもない

という状態がある中で…

仕事などで身体を動かさないといけない

といった状況で使用し装着するのが理想であります。

医学の発達に伴って腰のコルセットも優れた商品が多数発売されています。

解剖学的・理論的に製作されているサポーターですので、やはり使用し装着すると腰の痛みが軽減され楽になります。

しかし腰のコルセットに頼りきっているようでは、腰痛を改善させることは難しいですし、逆に身体をどんどんと弱めていってしまいます。

ですので腰のコルセットを使用する際の注意点と共に、サポーターとしての望ましい使い方を知っておいて頂ければと思います。

腰のコルセットを使用する際の注意点に関する解説は以上となりますが、お読みになられた方の参考になれば幸いです。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-