その他

股関節や足首を柔らかくしてくれて腰痛も治すストレッチ!?ヒントは昭和のヤンキーにあり…!?

股関節や足首といった関節は柔らかい方が当然、身体には良いです。

※誤解を招く恐れがあるので補足させて頂くと、足首において「柔らかい」と「緩んでいる」では全く状態が異なります。
「柔らかい」とは関節の柔軟性があることで、「緩んでいる」とは捻挫などにより靭帯や関節が弱くなっている状態を言います。

怪我の防止に繋がりますし、股関節なんかは腰痛とも深い関係にあります。

そんな股関節や足首に柔軟性をもたらす超簡単なストレッチをご紹介させて頂きます。

ヒントは…昭和のヤンキーです(笑)

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

股関節や足首を柔らかくするストレッチは…ヤンキー座り!?

股関節や足首を柔らかくすることで腰の痛みの予防にもなる超簡単なストレッチ。

それは…ヤンキー座りです。

そう…あのガラの悪い、行儀の良くないヤンキー座りです(笑)

私が中学生の頃は一つ上の学年が非常にヤンチャな学年でしたので、ヤンキー座りをしている先輩もいましたが、今の学生達では全く目にすることがなくなりました。
もしかしたら、何処かにいるかも知れませんが…

ちなみに私の中学時代は平成ですので、昭和のヤンキーという言葉は少しばかり間違いですが、そこはスルーして下さい(笑)

とにかく、このヤンキー座りは非常に高いストレッチ効果があるのでございます。

股関節や足首のストレッチになるヤンキー座りの効果とは…!?

実際にヤンキー座りをするとお分かり頂けると思うのですが、股関節や足首がしっかりストレッチされているのが感じられます。

この時につま先立ちにならず、足の裏全体を地面に着けて下さい。
加えて背中が丸くなって重心が前の方にならないように、背筋を伸ばして股関節に体重を乗せるような感覚が理想です。

時間が経ってくると結構キツいです(笑)
それだけストレッチ効果があるというわけなのですね。

さすがに外でヤンキー座りをするわけにはいきませんから、テレビを観ているちょっとした時間などを使った「○○しながら」という取り組み方が、わざわざ時間を作る必要もないですから効率的な方法になるかと思います。

スポンサードリンク

このヤンキー座りによるストレッチですが、足の開く幅によって効果が異なってきます。

足を大きく広げれば股関節に強いストレッチ効果があり、足の幅を狭くすると足首のストレッチ効果が強くなります。

ですが自然な足の幅で股関節と足首に十分なストレッチ効果がありますので、上記の情報は参考までに覚えておいて頂く程度でいいと思います。

そして最後にヤンキー座りによる股関節や足首のストレッチをおこなった後は、立ち上がり一度だけで構わないので身体全体を伸ばすような「伸び」をおこなっておいて下さい。

アフターケアのような効果があるのですが、実際に数分間のヤンキー座りをして股関節や足首のストレッチをおこなうと身体の前側の部分を伸ばしたくなります。

これはお腹側にある股関節と関係性の深い筋肉が一時的に収縮しているが故に起こるものです。

股関節を深く曲げ込んでいた為にお腹側にある筋肉が一時的につまったような状態になっているのですね。

ですので「伸び」のストレッチをおこなうことで、一時的に収縮してしまった筋肉をほぐしてあげておきたいのです。

以上がヤンキー座りによるストレッチの詳細な解説になります。

股関節や足首をヤンキー座りのストレッチで柔らかく…

ヤンキー座りによる股関節や足首のストレッチは、ちょっとした時間で取り組むことができて、座り込む必要もないので手軽におこなうことができる方法です。

ガラが悪く行儀の良くない、あの姿勢に見事な役割があったのですね(笑)

足首の柔軟性は捻挫による怪我の防止になり、股関節の柔らかさは腰痛などの予防に繋がります。

デスクワークのお仕事や運動不足などで股関節や足首が固いという人は大勢いると思われますので、是非ともヤンキー座りという昭和の良いところを受け継ぎ股関節や足首を柔らかくしましょう(笑)

ヤンキー座りという股関節や足首を柔らかくし腰の痛みを防ぐストレッチに関する解説をさせて頂きました。

お読みになられた方が参考にしてもらえれば幸いです。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-その他
-