腰・骨盤

立っているとお尻が痛い!!腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の疑いに恐れはあるのか…!?

先日、別記事にて座っているとお尻に痛みを感じるのは何故か…ということについて解説させて頂きました。

参照記事:座るとお尻が痛い!!立っているのは大丈夫なのに座っているとお尻に痛みを感じるのはなぜ!?

この状態の反対になるのが立っているとお尻に痛みを感じるというものです。
立っているとお尻に痛みを感じる状態について解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

立っているとお尻が痛いのは硬くなった筋肉が原因…!?

立っている姿勢でお尻に痛みを感じるのは筋肉の問題によるところが大きいと推測できます。

人間は姿勢を維持するために立っている状態では無意識に筋肉を使っています。
この無意識に力のかかっている筋肉の一つがお尻にある殿筋群と呼ばれる筋肉達ですね。

慢性的な肩こりや腰痛などと同じように殿筋群が長期間の疲労により凝り固まってしまい、
血流の流れが滞ってしまう悪循環のループに陥ってるわけでございます。

また同時に殿筋の中を通っている坐骨神経を圧迫してしまっていることも、
痛みを助長してしまう要因になっていると考えられます。

ちなみに殿筋群の慢性疲労によるお尻の痛みは立っている時だけではなく、
実際のところ座っている体勢でも痛みを感じる場合が多いはずです。

筋肉にかかる負担が大きい立っているという姿勢が痛みを感じるメインになっているだけで、
少しの時間なら休息の役割をしてくれますが長時間に渡り椅子などに座っている場合にも、
筋肉に圧力が加わり坐骨神経を圧迫してしまうので痛みを引き起こす体勢になってしまいます。

いずれにせよ立っている姿勢でお尻に痛みを感じてしまうのは、
お尻にある殿筋群の慢性疲労による拘縮が原因であると考えるのが自然な流れであります。

立っていると感じるお尻の痛みは椎間板ヘルニアと関係がある…!?

このようなお尻の痛みを改善する為には筋肉の拘縮を改善させる必要があります。

電気治療や超音波治療にマッサージなどお好みの治療方法を選択して筋肉の状態を改善していくのですが、やはりお尻の痛みとなると気になるのは椎間板ヘルニアですね。

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアに関してはMRIで検査しないと正確な状態は判断できません。

お尻に強い痛みを感じた時点で整形外科などを訪れ検査するも良いですし、
一旦は治療をしながら効果が見られず痛みが改善しなかったらMRIで状態を確認するという順序でも良いと思います。

腰やお尻の痛みが強いと椎間板ヘルニアを疑ってしまいがちですが、
長年に渡り症状を感じている場合や痛みの具合が激痛ではなく、
初めてお尻に痛みを感じるような場合でしたら椎間板ヘルニアを深く考える必要はない場合が多いです。

ですので、まずはお尻にある殿筋群の拘縮を改善し状態の変化を確認してみることをお勧め致します。

お尻の痛みと坐骨神経痛の違いとはいったい何…!?

またお尻の痛みと言えば坐骨神経痛という言葉が連想されると思います。

坐骨神経痛とは一つの病名ではなく総称のことを指しています。

結局のところ坐骨神経が圧迫されてしまうとお尻~足の指先までの範囲には様々な症状が発生してしまうのです。

お尻の痛みに始まり太もものつっぱりやふくらはぎの張りなど…
足の痺れに関しても坐骨神経痛の症状の一つですね。

なので「お尻が痛い=坐骨神経痛」ではなく、
坐骨神経痛の一つの症状にお尻の痛み」があるという解釈になります。

とにかく人体最大の神経である坐骨神経が殿筋群の拘縮なので圧迫されると、
下半身には様々な症状を引き起こしてしまう原因となります。

軽く考えて放置しておくと症状の具合や程度がひどくなる可能性が高いので、
お尻の痛みならその一つに留まっている段階でお身体の状態を改善されて下さい。

立っている時に感じるお尻の痛みから椎間板ヘルに坐骨神経痛に関する話までいきましたが、お読みになられた方の参考になれば幸いです。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-