腰・骨盤

ギックリ腰や慢性腰痛での整形外科は痛み止めの薬や湿布だけで何の意味もないってホント!?

腰に痛みを感じた際の病院選びとして、
整形外科を選択をする方は多いと思います。

しかし本当に腰痛を治したいとお考えであれば、
整形外科は間違った選択になる可能性が非常に高くなります。

腰痛で整形外科」という考え方について解説させて頂きます。

それでは、どうぞ…

スポンサードリンク

ギックリ腰や慢性腰痛は整形外科で治らない…!?

腰痛の主な状態は…

関節に炎症が起こるギックリ腰
筋肉が凝り固まる慢性腰痛

多くはこの2点となります。

上記の腰痛は関節や筋肉の問題ですので、
レントゲン撮影をして腰や骨盤の状態を確認しても、
何ら異常が発見されることはありません。

腰痛で整形外科を受診し異常がないと診察されるのは、
このような理由があるからでございます。

そして改善する為にギックリ腰は関節の炎症を沈める治療が必要ですし、
慢性腰痛は硬くなった筋肉をほぐし柔らかくする施術が必要です。

整形外科は原因に対する治療ではなく、
痛み止めの薬や湿布を処方してくれます。

その場しのぎの痛み止めや湿布で腰痛は治らないですよね。
こういったことが簡単に「腰痛で整形外科」という選択をするのは、
間違った可能性が高くなるということになってくるのです。

腰痛でも椎間板ヘルニアや骨折の疑いがあれば整形外科へ…!?

では整形外科にはどのような時に受診するべきなのか…

整形外科にはレントゲンやMRIといった検査機器が揃っています。

腰を強打して骨折しているかも知れない
腰やお尻の痛みに加え足が痺れるのでヘルニアの恐れがある

このような場合には整形外科を選択し受診するべきです。

骨折の確認は外見からは判断できずレントゲン撮影を必要としますし、
腰椎の椎間板ヘルニアはMRIでないと診察ができません。

スポンサードリンク

腰痛を一括りにして考えるのではなく…

どのような経緯で腰に痛みを感じ出したのか
どんな風な痛みを腰に感じているのか

といったように多少の絞り込みはするべきであります。

どうしても判断がつかない腰痛でしたら、
まずは検査を目的に整形外科を受診するという方法が良いですね。

ギックリ腰や慢性腰痛は整形外科ではなく施術所へ…!?

腰痛はどのような状態が原因で腰に痛みが出ているのかという違いで、
痛む部分や感じ方が異なってきます。

ズキズキした痛みやじんわりと重だるい痛み、
背中に近い腰の上部に感じたりお尻に近い下部に感じたりと、
個々に違いがあるものの多くの場合は関節や筋肉の問題です。

整形外科でギックリ腰などの急性腰痛や慢性腰痛の改善を求めるのは、
正直難しいというのが実際のところでございます。

痛み止めの薬や湿布が欲しいというのであれば話は別ですが、
多くは腰の痛みを治したいという気持ちがあるはずです。

重い荷物を持とうとした際に腰を捻って痛めたギックリ腰
座っている時間が長いデスクワークが原因の慢性腰痛
日頃から腰に負担のかかるお仕事が理由の筋肉疲労

このような理由で引き起こされた腰痛に関しては整形外科ではなく、
適切な治療をおこなってくれる施術所での治療をお勧め致します。

腰痛と整形外科について解説させて頂きましたが、
お読みになられた方のお役に立てれば幸いです。

最後に…
お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

健康と医療 ブログランキングへ

スポンサードリンク

-腰・骨盤
-